コンテナセット

コンテナ種類マスターの登録
マスターメンテナンスを選定した後「コンテナ種類マスター」をクリックする。

1.プログラム起動ー初期画面表示
 初期画面表示されたときの、データの処理モードは追加モードとなる。
2.データ件数
 現在登録修正をしようとしているデータの件数を表示する。
3.データ検索絞り込み
 すでに登録されているデータを検索するときに絞り込みをクリックにて起動する
 検索条件確定後の処理モードは修正か削除モードになる。
4.データを保存する
 保存をクリックすることで、画面上にて登録されたデータを登録をする。
 登録されたときは登録済の排出事業者の一覧表示に表示される(カナ昇順)
5.データを印刷する
 すでに登録されているデータを印刷する。
6.項目入力手順
 追加処理時
 1.コード自動表示(手入力にてコードを入力可能である。)
 2.名称を入力する。
 3.サイズ名称を入力する
マスターメンテナンス
コンテナマスターの登録
マスターメンテナンスを選定した後「コンテナマスター」をクリックする

1.プログラム起動ー初期画面表示
 初期画面表示されたときの、データの処理モードは追加モードとなる。
2.データ件数
 現在登録修正をしようとしているデータの件数を表示する。
3.データ検索絞り込み
 すでに登録されているデータを検索するときに絞り込みをクリックにて起動する
 検索条件確定後の処理モードは修正か削除モードになる。
4.データを保存する
 保存をクリックすることで、画面上にて登録されたデータを登録をする。
 登録されたときは登録済の排出事業者の一覧表示に表示される(カナ昇順)
5.データを印刷する
 すでに登録されているデータを印刷する。
6.項目入力手順
 追加処理時
 1.コードが手記表示されている。手入力することも出来る。
 2.コンテナ種類を選定する。コンテナ種類は先に入力されている必要性がある。
 3.備考を入力する。
 4.車両備考を入力する。
 5.価格を入力する。通常このコンテナを利用する場合は販売価格を設定する。
 6.メンテ状況を入力する。
 7.購入日付を入力する。
 8.購入価格を入力する。
マスターメンテナンス
リース料金マスターの登録
マスターメンテナンスを選定した後「リース料金マスター」をクリックする。

コンテナを設置した後、稼動していない得意先現場に対しリース料として、自動的に売上を計上するための情報を設定します。

初期滞留日数と金額は、設置後初期滞留日数を越えた得意先現場に対し初期金額を売上計上するための情報です。
継続滞留日数と金額は、初期滞留後売上計上を行った後継続滞留日数を超えた得意先現場に対し売上を計上するための情報です。

コード=0に設定された情報はコード0以外に設定されていない全ての得意先現場に対応する情報として売上計上の為の情報です。

コード0以外の情報の取扱い方は、得意先だけが設定されている場合は全ての設定されている得意先の現場全てに対応する情報になりますが、現場が設定されている時は、その得意先現場だけに対応する情報になります。

1.プログラム起動ー初期画面表示
 初期画面表示されたときの、データの処理モードは追加モードとなる。
2.データ件数
 現在登録修正をしようとしているデータの件数を表示する。
3.データ検索絞り込み
 すでに登録されているデータを検索するときに絞り込みをクリックにて起動する
 検索条件確定後の処理モードは修正か削除モードになる。
4.データを保存する
 保存をクリックすることで、画面上にて登録されたデータを登録をする。
 登録されたときは登録済の排出事業者の一覧表示に表示される(カナ昇順)
5.データを印刷する
 すでに登録されているデータを印刷する。
6.項目入力手順
 追加処理時
 1.コードが手記表示されている。手入力することは出来ません。
 2.得意先と現場を選定する。
 3.初期滞留日数を入力する。
 4.初期滞留金額を入力する。
 5.継続滞留日数を入力する。
 6.継続滞留金額を入力する。
 7.請求区分を選定する。請求区分に関しては、しないを設定した場合売上計上から外れます
マスターメンテナンス