産廃キング/古物、古紙、有価金属、鉄・非鉄、リサイクル販売管システム

マスターメンテナンス
得意先マスターメンテナンス
新規登録時の項目に対するデフォルト指定が出来ます。
[会社毎デフォルト項目]
売上・仕入入力項目として
「売上仕入区分」「消費税計算」「税額端数処理」「金額端数処理」「締日」「回収月」「回収日」が対象となります。

請求締め日に随時を追加します。
請求処理が随時請求処理得意先に対し随時の締め日設定が出来ます。
売上仕入入力時に随時の得意先を選定すると伝票の請求区分が随時になります。

以下の項目の追加を致します。
請求書ロゴ
  請求書の会社ロゴを得意先別に設定出来ます。
納品書ロゴ
  納品書の会社ロゴを得意先別に設定出来ます。
売上仕入区分
  売上だけの得意先なのか仕入だけの得意先なのか売上仕入の両方の対応得意先なのかの設定が出来ます。
  伝票入力時に設定されている売上仕入区分に従い間違いのないようにコントロールを致します。
コントロール内容
 売上を指定した場合に売上が明細上に表示され、売上以外の区分が登録出来ません。
現場マスター
回収コース名称とコース順を設定出来ます。
コース順を設定出来ます。
曜日の指定が出来ます。
商品大分類マスター
商品大分類マスターを新たに設けました。
大分類名称と月間売上予算を登録出来ます。
例] 有価、リサイクル、古物 等

[商品分類マスターに大分類を設定できるように改良]
大分類別集計表(エクセル)出力可能。
商品マスター
商品マスターに集計区分が登録出来ます。
商品の集計区分を更新できる機能追加
売上仕入データを参照をして現在登録されている集計区分を商品マスターへ移送させる機能を追加しています。
処理後、有価物となる物の仕入計上に対応した商品名の設定が可能。
例] 古紙、有価金属、鉄、非鉄、砕石、砂利、木チップ、セメント、ペットボトル、クリアファイル 等

削除時に既に利用されている場合に削除できなくするか削除できるかを設定できます。
売上仕入、契約単価、計量データを検証します。
検証結果において使用されている場合は削除不可になります。
売上仕入伝票入力
売上仕入区分の入力の整合性
得意先を確定した時に売上仕入区分の設定を確認し整合性を確保する。
例としましては、売上仕入入力画面にて入力をしようとしている得意先が売上仕入区分が売上だけの場合に仕入を選定出来ないようにする機能です。得意先を登録する時に設定が必要です。
請求区分の自動設定
得意先を確定した時に請求締め日が随時にて設定されている時に売上画面の請求区分が随時に変更されます。
変更しようとした時に、整合性が取れない時はアラートを出すか出さないかの設定機能付です。
取引区分の自動設定 (現金 掛け区分)
得意先を確定した時に設定されている取引区分が自動的に表示されます。
変更しようとした時に、整合性が取れない時はアラートを出すか出さないかの設定機能付です。
例:掛売り得意先へ現金で売上入力をしようとした際にアラートが出ます。
得意先、排出事業者、運搬受託者、処分受託者の検索時に未登録の場合のデータ追加機能
検索をした際に未入力データである場合にいちいちメンテナンスに戻らなくてもその場で登録が出来ます。
売上仕入明細入力時に過去の販売履歴がプルダウン表示される
明細行の商品項目をクリックすると過去に販売や仕入をした商品と販売をした単価が表示され、表示された明細をクリックすると明細行入力になります。
履歴の無い商品もその後の表示するかしないかの区分の設定も出来ます。
契約単価検索時の機能を追加
得意先別現場別商品別単価(個別単価)を最初に表示したいか得意先別商品別単価(基本単価)を最初に表示するかを設定することで操作性を高めることが出来ます。
単価表示後一つずつクリックで選定をしていましたが全てを一括で選定出来ます。また、一括で選定の解除も出来ます。
伝票保存時の機能強化
設定で保存時に画面を初期化するかしないかを設定できます。
 ・初期化しないことで、次の伝票を入力する時にコピー機能を利用することで入力を簡素化できます。
 ・同じような内容の売上入力を連続して行なう場合に便利な機能です。
数量 単価 金額がゼロの明細は保存をしないかするかを設定できます。
納品書印刷時の機能強化
納品書のタイトル部を手入力にて変更出来ます。
納品書 納品書(控) 受領書 が連続して印字されましたが設定で現金の時だけ領収書が印字出来ます。
車番 車種 運搬担当者を印字するかしないかを設定出来ます。
数量入力に縦入力機能強化
一般廃棄物を収集した場合などのように契約単価を複数明細表示後数量を縦に入力が出来るようになり入力の簡素化が図れます。
契約単価登録
契約単価登録時にコピー機能強化
得意先、現場別、商品単価メンテナンス画面において コピー機能を利用できます。
売上仕入一括変換
売上仕入の入力データで請求締め更新前のデータにおいて絞り込み検索後データを一括で変換できます
請求書を発行後、現場間違いや得意先から請求現場の一括変更を依頼された場合などいちいち伝票を呼び出しての修正をしなくても良い様に一括で変更が出来きます。
変更は「得意先」「現場」「マーカー」「単価」「単位」です。
本機能は、入力されているデータを確認する際にも便利な機能です。
入金支払入力の機能強化
入金入力時の得意先検索時に「振込名義人」から検索が出来ます
得意先選定時に、現在の取引条件が確認できます
決済条件 「締め」「支払月」「回収日」「集金区分」「回収条件区分」「条件金額」「手形割合」
請求履歴一覧に税込み売上金額が追加され確認が出来ます。
入金支払一括入力の機能追加
入金や支払を入力する時に一括で入力できるように機能追加
入出金予定日を入力することで回収支払計画の一覧表示がされますので、実際に入出金があった行を指定するだけで入出金処理が一括で出来ます。
入金支払データのデータコンバートにTKC様の会計ソフトに対応
帳票印刷&エクセル出力の機能強化
車両別の管理が出来ます。自社車両を伝票入力時に入力しておいて下さい。
月別の売上金額と燃料費、高速代金、駐車代金の対比が前年同月で検討できます。エクセル出力機能あり。
商品大分類集計表がエクセル出力出来ます。 売上目標の達成度合いが確認できます。
得意先別 現場別に 運搬量の日毎の集計表がエクセル出力できます。
月次実績表に得意先別にエクセル出力機能を追加。前年同月対比(12ヶ月分出力時) 売上昇順出力できます。
担当者別 売上仕入分析表が作成できます。
得意先別 売上仕入ランク表(ABC分析)が作成できます。
得意先や現場への住所のラベル印刷が出来ます。
ロゴ作成ツールを追加
請求書の会社ロゴや納品書の会社ロゴを作成出来るようになります
「会社名」「住所」等をフォント種類やフォントサイズ指定をして画像CGとして格納できます。
会社のロゴ画像や「角印」「丸印」などの画像CGも住所や名称の上から貼り付けれます。 
登録された画像CGは、得意先マスターのメンテナンスにおいて、得意先別の会社画像ロゴとして登録することで、請求書や納品書を発行時に得意先毎に違った会社画像ロゴを印字できるようになります。
得意先によって、振込みをして頂く入金口座番号を変えたい時などに便利な機能です。
請求支払書作成時の機能強化
請求書の鏡において以下の機能が追加されます
今月売上のみ発行。
今月売上・入金のみ発行。
今までの得意先別の一言コメントに加え、すべての得意先への請求書一言コメントも追加。
「税抜売上、税、税込売上」を「税込売上(消費税)」の形式を追加。
請求書タイトルの変更が出来。通常請求書、親会社請求、子会社請求それぞれに設定できる。網掛けの設定もできる。
請求書のロゴを複数使用可能になる。(ロゴ作成ツール付属)
得意先毎にロゴ変更など指定できる。
パソコン毎に画像を保存しなくてもネットワーク上でロゴ画像ファイルを共有できる。
請求書のロゴを複数使用可能になる。(ロゴ作成ツール付属)
締解除の機能強化!得意先1社だけ選択し、何ヶ月も一括で締解除、削除、再集計、締更新が出来ます。
明細行タイトル部の表示を変更出来ます。
明細行印字の際に単価金額が共にゼロの時に印字するかしないかの指定が出来ます。
現金売上とその入金分を請求書から省くことが出来ます。
請求書デザインを見直して明細行を多く印字が出来ます。